プラセンタ注射

プラセンタ注射は医療現場で幅広く用いられています。厚生労働省に認可されているプラセンタ注射は【メルスモン】と【ラエンネック】という2つがあります。医療用プラセンタ注射薬は、日本国内の正常分娩で生まれたヒトの胎盤から製造され、血液検査を繰り返し、HIVやC型肝炎などの感染症がないことを確認した胎盤を使用しています。高度な病原体不活性化処理が行われており、現在までに本剤の投与により感染症を引き起こした症例は報告されていません。更年期障害、肝硬変、肝炎、肝機能障害などには保険適用されます。美容、アンチエイジングの効果もあることから、美容関係のクリニックでは自由診療でプラセンタ注射を行っているクリニックも非常に多いです。プラセンタを創部(皮膚や粘膜の表面が切れたり、裂かれたり、開いてしまった状態)に局部注射すると、創部治癒が促進されることがわかっています。また、歯肉注射を行うと歯周病、歯槽膿漏に顕著な効果が認められたと報告があり、歯科でも使用されています。

美容効果

 

プラセンタ注射は美容に関連する作用をもっています。肌荒れ、シミ、くすみ、皮膚乾燥症などさまざまな症状に対応しています。プラセンタ注射にはアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸には肌に潤いを与えることが出来る効果が確認されており、新陳代謝が良くなりコラーゲンの造成が活性化し肌に潤いやハリが出て、たるみ、しわ等の悩みの軽減も期待できます。プラセンタ注射にはホルモンバランスを整える効果も報告されており、生理不順、月経困難症などの改善も期待できます。肌のトラブルやホルモンバランスなど、さまざまな効果を持つプラセンタ注射は身体の外側だけではなく内側の美しさにも有効な方法として確立されています。

また、プラセンタには疲労回復の効果も期待できます。細胞分裂が必要で弱ってしまった細胞やダメージを受けている細胞を修正して、新しい細胞を作る手助けをしてくれ、血流やホルモンバランスが良くなり、疲労回復につながります。

 

プラセンタ注射は下記のような症状に効果があるとされています。

 

●肌荒れ、くすみ、シミ、皮膚乾燥症、冷え性

●疲れ、肩こり、筋肉痛、関節痛、腰痛、基礎代謝向上

●更年期障害

●自律神経失調症

●月経困難症、生理不順

●アレルギー疾患

●肝機能障害