膀胱がんの治療

膀胱癌で最初に行われる治療は手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)です。当院で手術はおこなっておりませんが、手術を終えて間もない患者さんに対する術後の治療や、再発の監視をおこなっております。

 

膀胱がん(表在性のもの)は、手術後に後療法をおこなわないとタイプによっては高率に再発してしまいます。その再発率は約70~90%といわれています。これに対して、BCG(結核菌)・テラルビシン・マイトマイシンといった薬剤を膀胱内に注入することにより、再発率を約半分に下げることができます。

 

当院では、これらの薬剤を使った膀胱内注入療法や、再発の有無を調べるための定期的な内視鏡検査をおこなっております。内視鏡検査に関しては、患者さんの負担の少ない軟性膀胱鏡(オリンパス社CYF-VA2)を導入しており、上皮内癌の診断に有用なNBI(狭帯域光観察)検査も可能です。

当院で使用している薬剤や機材の一例です

イムノブラダー

乾燥BCGと呼ばれ、膀胱内注入により表在性膀胱癌、膀胱上皮内癌に高い有効率を示します。生理食塩水に溶かして膀胱内に注入します。

ピラルビシン

従来からある膀胱内注入用の抗がん剤ですが、副作用がBCGよりも少なく、がんの再発を予防します。

軟性膀胱鏡

従来の硬い内視鏡と違い、柔らかいファイバースコープになります。患者さんの痛みが軽減されます。