過活動膀胱(OAB)とは

過活動膀胱とは、膀胱が過敏になり自分の意に反して収縮してしまう病気で、頻尿や、切迫性尿失禁を起こします。男性の場合、前立腺肥大症、慢性前立腺炎、などに合併することも多いです。

 

下記のような経験はありますか?

・急に尿意をもよおし、漏れそうになる。

・トイレに行く回数が多い。

・トイレに間に合わずもらしてしまった。

 

このような経験がある方は、過活動膀胱かもしれません。日本人の40歳以上の女性の約12%(810万人)が過活動膀胱と言われています。50歳以上になると8人に1人がかかる可能性のある病気です。

 

過活動膀胱の治療

過活動膀胱の治療は基本的には薬による治療となります。【抗コリン剤】という膀胱の収縮を抑える薬や【β3刺激剤】という膀胱を弛緩させる薬を使い治療を行っていきます。

抗コリン剤やβ3刺激剤と並行して、骨盤底筋体操やウロマスターを行うことで効果を高めていきます。特にウロマスターは薬物治療であまり効果を感じられない場合でも有効な治療法です。

 

 

現在、抗コリン薬には様々な種類があり、誤った使い方をすると症状が悪化する場合もあります。過活動膀胱のような症状でお悩みの方は、1度、泌尿器科専門医への受診をおすすめいたします。